信用情報機関とは何か?

クレジットカードに申し込みをすると、カード会社は自社のスコアリングシステム(与信システム)による審査をします。それに加え、信用情報機関において個人の信用情報の照会による審査も行ないます。
※個人の信用情報の照会についてはこちらで詳しく解説いたします。

信用情報機関は5つある

信用情報機関は5つあり、加盟制度になっています。クレジットカード会社をはじめ、銀行、信販会社、消費者金融などが加盟しています。

信用情報機関では、顧客である私達の個人情報や債務情報が詳細に管理されています。カード会社など加盟会社各社が融資金額の未回収を発生させないためや、多重債務者の発生を未然に防ぐことです。そのために情報共有を義務付けられているのです。

個人情報を管理されているのは気持ちよくないですが、私達を守る意味合いもあるということです。

遅延情報などはどれくらい残るのか?

皆さんが気になるのは、「クレジットカードに申し込みをした履歴」や、「支払いの遅延情報」「自己破産」などの事故情報が、どれくらい信用機関に残るのか?ということだと思います。詳しくみていきましょう。

信用情報機関 申し込み履歴 遅延情報 自己破産
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 6ヶ月 5年間 7年間
株式会社シーシービー(CCB) 6ヶ月 5年間 7年間
全国信用情報センター連合会(全情連・JIC) 1ヶ月 5年間 10年間
全国銀行信用情報センター(KSC) 3ヶ月 5年間 10年間
テラネット 1ヶ月 5年間 5年間

料金額の支払いの遅れは最低でも5年間記録されてしまいます。この状態がいわゆるブラックです。ブラックであれば、当然新しくクレジットカードは発行できません!

信用情報は確認することができる

当然ですが、自分の信用情報を開示し確認することができます。
各、信用情報機関に問合せをすれば、郵送してくれるところもあります。過去に遅延などがあり、自分の状態を知りたい方は確認してみることをおすすめします。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A