職業(雇用形態)と勤務先について

職業(雇用形態)は審査結果を左右する非常に重要なポイントです。勤務先の規模とあわせて総合的に判断されます。

職業(雇用形態)について

ws000042.jpg

どのカード会社も職業や職種、雇用形態は「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」「自営業」「学生」「その他」といった中から選択するようになっています。
※主婦の方は、「その他」を選択するケースが多いです。

審査のスコアリング(得点)は以下のようになっています。

職業・雇用形態のスコアリング
1位社長 5位自由業(芸能人など)
2位会社役員 6位契約社員
3位正社員(公務員) 7位派遣社員
4位自営業者 8位パート・アルバイト
9位専用主婦 10位学生

※学生や専業主婦の方は、収入がないので親御さんや旦那さんが審査の対象となります。

繰り返しになりますが、勤務先の規模と合わせて審査されます。例えば、ベンチャー企業の社長よりも、一部上場企業の役員のほうが審査のスコアは高いです。 これは、会社や給与が"安定"しているからです。

勤務先について

一般的に有名企業や上場企業は審査のスコアは高くなります。信用力や安定度があるかですね。
上場していなくても、リクルートやサントリー、JTB、森ビルなどの様に企業価値が高ければ、上場企業と同じスコアになります。外資系の有名企業なども同様です。

こういった大企業を頂点に、会社の規模に準じてスコアリングをしていきます。

安定している面を最大限アピールする

非正社員の方や会社の企業規模が小さかったりする場合は、どうしても"不安定"だと思われてしまいます。ですので、"安定"している面を意識して最大限アピールしてください。

例えば、以下のようなものです。

  • 居住年数が長い
  • 勤続年数が長い
  • 実家暮し=家賃がかからない

入会条件をしっかりチェック!

「カードの入会条件」もしっかりとチェックすることで審査落ちを回避できます。
「パート・アルバイトOK」といったカードであれば、審査基準のハードルも下がります。
また、利用可能金額もチェックしてください。たとえば利用可能額が「50万~100万円」となっている場合などは、ちょっと難しいです。「10万円~」などがいいですね。

具体的にはP-oneカード・ブルーや楽天カードです。このあたりのカードはあまりハードルが高くないですし、お得な特典も多いのでおすすめです。もちろん年会費無料です。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A