個人の信用情報の照会

今まで、審査対象となる属性=年収や職業、勤務先、勤続年数etc...について解説してきました。

これらはあくまで、申し込みをしたカード会社のスコアリングシステム(与信システム)による審査です。いわゆる"内部審査"です。この審査だけですと、客観性に欠けます。

そのため、他のカード会社からはどう判断されているのかという"外部審査"を行ないます。

この外部審査が"個人の信用情報の照会"です。これは信用情報機関で行なわれます。
※信用情報機関についてはこちらで詳しく解説いたします。

個人の信用情報について

信用情報機関には、銀行やクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などの顧客情報=私達の個人情報や債務情報が管理されています。

具体的には以下のような情報が管理されています。
※以下は私がとりよせた私自身の信用情報になります。(遅延などないので綺麗な情報となっています^^)

kojinnshinnyou.jpg

信用情報の項目について

  • 氏名
  • 生年月日
  • 自宅電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • 勤務先名称
  • 勤務先電話番号
  • 契約会社名
    ※契約しているカード会社の社名などです。例)○△カード
  • 契約日
  • 契約の種類
    ※クレジットカードの場合は「クレジットカード」と記載されます。
  • 契約金額
    ※クレジットカードの場合は利用限度額になります。
  • 支払い回数
    ※所定の回数や「リボルビング払い」「一括払い」など
  • 月支払額
    ※月々の支払い金額
  • ボ支払額
    ※ボーナス時の「支払い金額」
  • 残債額
    ※利用残高です
  • 残債年数
    ※利用残高の支払い時期
  • 異動情報
    ※遅延情報や事故情報などがあると「備考欄」に記入されます。

重要な項目

クレジットカード会社が個人情報を照会した際に、入念にチェックする項目は、以下のようなものです。

  • 月支払額=月々の支払い能力はどれくらいなのか
  • 残債額=他社の利用残高はどれくらいなのか
  • 異動情報=今まで支払いの遅れなどがないか

カード会社はその人の支払い能力や、他社での利用実績を非常に重視します。

規約で信用情報の照会に同意している

実は、カード会社は私達の個人情報を信用機関で照会する(=閲覧する)には同意が必要です。「同意した覚えなんてない!」という方がほとんでしょうが、申し込みをする際の規約にはしっかりと書かれているのです。

「自分の情報を見られたくない!」と騒いだところで、規約に同意しないことにはカードはつくれませんので、そういうわけにはいかないのです。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A