勤続年数と転職

ws000041.jpg

勤続年数も審査の上で重要な要素です。

最低1年以上がボーダーラインとなっています。

勤続年数1年未満はどうすれば???

新入社員の方の場合は、勤続年数は1年に達していないことがほとんどです。こういう場合は、「勤務先の信用力」が審査結果を左右します。

上場企業であれば、問題なく審査は通過するでしょう。

しかし、中小企業やベンチャー企業であれば、審査に落ちてしまうこともあります。今のような景気の先行きが不透明な時期は特にそうですね。

これはご本人が悪いわけではないので、しょうがないです。勤続年数を積めば問題なくカードは発行されます。

派遣社員やアルバイトの勤続年数はどうなる?

派遣社員の方やアルバイトの方も勤続年数はしっかりと記入してください。

派遣社員の方は半年くらいのペースで勤務先が変わるケースがあるかもしれませんが、「派遣社員としてどれくらい継続してお仕事をしているか」というふうに計算してみてください。アルバイトやパートの方も同様です。

転職したばかりはどうなるの?

「勤続年数最低1年」なので、転職したばかりのカードの申し込みはマイナス要素がはたらきます。(転職先が大手上場企業などであれば、問題ないケースがほとんですが)
なので、転職や退職することが決まっているのであれば、その前にお目当てのカードに申し込みをしておくのが確実です。

ちなみに、実力主義の外資系企業を転々と渡り歩いているような方は、年収が高くてもカード会社のうけはあまりよくないです。

勤続年数=その人の安定度だからです。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A