家族構成―配偶者・子供について

ws000037_3.jpg

クレジットカードを申し込み欄には「配偶者」「子供」など、家族構成を記入する欄もあります。

なんとな~く記入されていると思いますが、審査対象にもちろんなっています。

配偶者の有無は審査に関係する?

配偶者がいるから審査に通った、配偶者がいないから審査に落ちるなどということはまずありません。

しかし配偶者の有無は責任能力を見る材料になるので、一応見られているということを念頭に置いておきましょう。

家族構成が手がかりになる

家族構成を記入するのは、何かあった時に、カード名義人を探す"手がかり"になるからです。

「何か」とはカードの利用料金を支払わないといったような借金の踏み倒しですね。こういう場合に、家族を元に探し出すのです。

家族構成のスコアリング

家族構成のポイントは3つあります。

  1. 配偶者の有無=結婚なのか独身なのか
  2. 子供の有無
  3. 親と同居しているか、していないか

スコアの順位は、以下の通り。

家族構成のスコアリング
1位 独身で親と同居
2位 既婚で親と同居
3位 既婚で親と別居
4位 独身で親と別居

結婚しているより、独身の方がお金は自由に使えます。また、独身で実家暮しの場合などは、家賃がないケースがほとんどなので、お金に余裕が生まれます。

「自由に使えるお金が多い」「何かあった時に探しやすい」こういった人のスコアは高くなります。

「独身で親と別居」のスコアが一番低いことが気になる方もいらっしゃると思います。
これはカード会社の今までのデータで、支払いの遅延などが最も多いからです。

結婚をしていたり、子供がいる人のほうが支払いがしっかりしている="責任感がある"というデータもでています。そのためスコアも高いのです。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A