クレジットカードの審査に落ちた本当の理由

残念ながら今回はご希望に添えかねる結果となりました。

クレジットカード会社から、こんな「審査落ちの通知」が届いた方も少なくないと思います

審査に落ちる理由は人それぞれです。特に銀行系のようなクレジットカードの審査は他の審査で落ちているようならまず通ることはないでしょう。
年齢の割に勤務年数が短かったり、過去にクレジット履歴がなかったりすると審査は厳しくなります。

ちなみに審査落ちの連絡は封書やメールで来ます。電話で来ることはないです。

審査に落ちれば「なんとしてもクレジットカードが欲しい!!」という人の心理が働きます。その結果、次々とクレジットカードを同時に申し込んでしまうという行動に走ります。

これが大きなミスです。

クレジットカード会社と信用情報機関

クレジットカードに申し込みをすると、信用情報機関に記録が残ります。
この機関では個人情報をはじめ、他のカード会社の利用状況なども管理されています。

そのため、
「この人、最近カードに申し込みまくっているな」
「●●カードの支払いが遅れているな」
「カードの保有枚数が多すぎるな。これ以上カードを発行したら支払い能力がオーバーするな」
といったことも、カード会社は把握しています。これはカード会社のリスク管理のためです。

なので、「カードを申し込みまくる」という行為は今まで支払いの遅れなどが無くても、「お金が困っているのではないか?」と判断され、審査落ちする可能性が高くなります。
もし、審査に落ちてしまったら以下のどれか、もしくは複数該当しているケースがほとんどです。

  1. カードを同時期に複数枚申し込んでいる
  2. カードの入会条件を満たしていない
  3. カード保有枚数が多く、支払い能力がオーバー
  4. 支払いの遅れなどがある

自分のとった行動を振り返ってみてください。どこかに原因があるはずです。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A