年収の裏付けはどうやってとる?

「カード会社は、申込者の年収をどうやって調べるのか?」

申し込み記入欄には「年収」を書かなければなりません。

実はカード会社もしっかりと裏付けをとる方法はありません。なので、「嘘を書いてしまっても・・・」という風に思おうかもしれませんが、カード会社もデータをもっています。

例えば、「上場企業で○○歳、勤続年数▲年の場合は、年収600万円」といった具合です。

このように、裏付けが取りにくい項目に関しては、審査ポイントはそこまで高くなりません。

年収はついつい少し多めに記入したくなります。それは非常にわかりますが、基本は正直に書いてください。「嘘を書いたらバレる!」と思っておいたほうが賢明です。
キャッシング枠を付ける場合は高い確率で年収証明書(源泉徴収票)がの提出が求められますので、偽るのは実質的に不可能です。

また、「クレジットカードを作るには最低どのくらいの年収が必要ですか?」という質問もよくあります。年収のボーダーラインは200万円です。また年収300万円以上あれば、年収が原因で審査に落ちることはほとんどありません。
年収よりも安定した収入がどのくらいの期間あるか、クレジットの利用歴(クレジットヒストリー)があるかの方が重要視されることがあります。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A