自己破産後のクレジットカードの申し込み

任意整理をした後、自己破産後の生活でクレジットカードは作れるのでしょうか?

はっきり言って自己破産直後はクレジットカードは作れません。
自己破産後、5~10年は記録が残ります。最低5年は記録が残るわけですが、だいたい7年間はクレジットカードがつくれないと思っておいて間違いないでしょう。

「7年間カードが作れない」と聞くと絶望的な気持ちになると思います。

そんな時に検討していただきたいのがACマスターカードです。発行できる可能性があります。

実際にこのカードで利用実績(クレヒス)を積んで、他のカードにステップアップしていった人は多いです。

債務整理後のクレジットカードの発行についてはかなり不安があると思います。

ブラックリストとは? 事故・遅延情報の記録期間は?」でも紹介しましたが、各信用機関に債務整理等の事故情報が残る期間をもう一度確認してみましょう。

信用情報機関 遅延情報 自己破産
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年間 7年間
株式会社シーシービー(CCB) 5年間 7年間
全国信用情報センター連合会(全情連・JIC) 5年間 10年間
全国銀行信用情報センター(KSC) 5年間 10年間
テラネット 5年間 5年間

また、自己破産や任意整理をしていた当時に使っていたクレジットカードの場合は、2度と発行してもらえないこともあります。

「自社カードで破産した人は二度と発行しない」と決めているところもあるからです。

自己破産してもクレジットカードを作りたい人、クレジットカード発行を検討されている人も多いようですが、現状を受け止めることが必要です。

まずは、どうして債務整理をしなければならない状況になってしまったのか?ということについてしっかりと自問自答してください。非常に辛いと思いますが、これが今後の人生において大事になってきます。

繰り返しになりますが、どうしてもクレジットカードを作りたい方は
ACマスターカードで3秒カード発行診断を試してみてもいいかもしれません。

ページ先頭へもどる

今すぐクレジットカードが欲しい人におすすめ!

アコムマスターカード
今すぐ作りたい方向け!
パート、アルバイト、主婦OK!※入会金・年会費無料
コツコツと利用すれば信用力がつく
※本人に安定した収入があれば可能(専業主婦除く)
3秒でわかるカード発行診断あり

クレカが作れない、審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査基準

信用情報機関の考察

ブラックリスト・事故情報の真実

クレジットカードの審査Q&A